大人ニキビは甘くみてはいけない。

若い頃から肌はどちらかというと綺麗な方で、思春期である中学、高校生の時も顔にニキビができるのなんてたまに一個か二個おでこや、鼻の上にポツっとできるくらだったので何にもケア等していなかった。

大人になってからも自分にはニキビなんてできないと思っていたからポテトチップスやチョコレート等食べたい時に食べたいだけ食べて過ごしていた。肌の質が変わったのは25歳を過ぎてからだったと思う。若い頃とは違うとは思っていたけど乾燥気味になり頬や顎にニキビがポツポツとできるようになった。それでもあまり気にせず、あまり手入れをしないまま同じような生活を続けているとだんだん顔のニキビが増えてきてしまった。

慌てて、保湿やあまり脂質の多いものを食べないように心がけていたが、何の改善の余地もない。若い頃のニキビと比べて赤いわけでもないが、肌がブツブツしてて、自分で見ても肌が汚くなっていると思った。今更後悔しても遅いのだけど自分ではどうにも改善できず皮膚科へ行きお薬をもらってなんとか直した。
若い頃は新陳代謝がいいからニキビができてもすぐに治ったそうだが、大人になると新陳代謝が低下するみたいなので気をつけたほうがいいみたいです。

ニキビ予防にチョコラBBプラスを飲んでいます

私は、生理前になるとニキビができやすくなってしまいます。
生理前になると私の場合、イライラしていまいがちなので、そのこともあってか、ニキビが出やすいです。
特に、おでこの部分に出やすいです。

ニキビが顔に沢山できてしまうと、不潔に思われてしまう可能性もあるので、早めに対策しないといけません。
ニキビができてしまったときは、「チョコラBBプラス」という医薬品を飲むようにしています。
テレビのCMに、アーティストのパヒュームさんが出演されています。
「チョコラBBプラス」にはビタミンB2が含まれているので、ニキビに効果的です。
飲む事と、ベルブランでしっかりケアする事でニキビが治りやすいと感じます。

私は今まで、ニキビケアのために色々な医薬品を実際に飲んで試してましたが、中には味が苦い味の物があり、飲みにくいと思う物もありました。
ですが、「チョコラBBプラス」は、味の方が独特な感じもないので飲みやすいですよ。
私はこれからもニキビケアのために、飲み続けていこうと思っています。参考:ダイエット

心から好きなんだけど厳しいこと

動物が好きなんだけど、アレルギーでかえない。
好きな食べ物があるんだけどいきなりアレルギーが出て食べれなくなった。
などなど好きなんだけど、それを邪魔してくるなにかがあるはず・・・

私を悩ませているのは
ゲーム酔い。ゲームとは言わず体が揺れるものは大体酔う。ゲームセンターにあるお金をいれて乗る乗り物みたいなものも無理だし今はやりの4Dなんて勇気がない。
鍛えることはできるらしい。
前転と後転をそれぞれ10回ずつやること。
酔いやすい人はそれだけで酔うこともあるので
1日に少しずつやっていく。そもそも私はそんなことやるスペースが無い。

ゲーム酔いは
画面とプレーヤーが近いから起こる。
私はPSvitaと3DSをおもにやるので
なるべく離れてなおかつカメラのスピードを遅くする。スピードがいじれないゲームもあるがそこは根性。ほぼ毎日時間は短くてもゲームをしてるがやっぱり酔う。
酔い止めを飲んでまでやってた学生時代とは違い大人になってそれはバカバカしいし迷いどころ。
ゲームの他にバス、タクシー、電車もダメである。すわってるとまだ、ましだけどたっていると結構ようし、みんなには理解されないが新幹線のゆれもだめなのだ。
は?あれ揺れてる?など共感すらされないことがあるが私が揺れてる気がするだけなのか?
それともは?とゆったひとが鈍感なのか、
電車はぐあいが悪くれば、とりあえず次の、駅で降りてしまえばいいとゆうあんしんかんがある。酔うことにたいしての恐怖はそんなにないが私は吐くことが怖いのでそこまでの酔いはさけたい。
友達と遠出の時の途中でおりれないってプレッシャーがかかった時ほどきついことはないし、それがいつもきがかりなんだよね。
お金が裕福ではないため、タクシーなんてめったに、使わないけど友達との電車以上に苦しい。相手は他人だし体調がわるいからとめてくれなんて言いにくい。
もう少し酔いに強くなりたい。どうにかならないのかなーと簡単なホウホウを探し中であるよく読まれてるサイト>>>>>ホスピピュア

美肌を作るためにするべきこと

美肌になるために、日ごろから何を心掛ければ良いのでしょうか。

毎日の事だけに、面倒になり投げ出してしまう確率が最も高いのがスキンケアです。

スキンケアは義務ではありませんが、毎日続けることで美肌が保たれ、老化を遅らせることができるのです。

■美肌とは何か

美肌というのはどのような状態の事を言うのでしょうか。

肌触りがしっとりとして、ハリと透明感のある肌は誰もが美肌だと認めるでしょう。

肌が粉を吹いたみたいに乾燥していたり、たるんでいたり、毛穴が目立ったりしては、メイクの乗りも悪く、
美肌とは対極にあると言っても過言ではありません。

実は美肌への近道は、徹底した保湿のです。

乾燥こそが肌の劣化の原因で、皮膚の深い階層を守るためにも、肌理を整える必要があります。

■紫外線から守る

いかに美容液や化粧水など、化粧品でスキンケアをしても、紫外線に常にさらされているようでは、
肌の劣化を早めてしまいます。

美肌を守るための鉄則として、紫外線を皮膚の奥まで侵入させてはいけないということです。

紫外線は私たちを作る遺伝子すら破壊する力があるのです。

紫外線カットのコスメは数多くありますが、ラピエルはバラの水が紫外線カットに有効です。

実は紫外線には免疫力を低下させる、健康に甚大な被害を齎す可能性があります。

美容液は肌を美しく保つだけでなく、健康を守る役割を担うこともあるのです。

■過度の洗顔は要注意

毛穴の黒ずみが目立つという理由で、徹底的に洗顔をしたくなるのは理解できます。

でも、実際は肌の乾燥を助長し、毛穴の黒ずみを目立たせる結果となる場合があります。

洗顔の後、開いた毛穴にはたっびり栄養と水分を補給し、クリームで蓋をしてあげます。

洗顔後に収れん化粧水を使うのはニキビケアとしては逆効果となるのでお勧めできません。

■規則正しい生活を

美肌を作る作業を、美容液など化粧品に任せきりにしてはいけません。

美肌の敵といわれているのが睡眠不足と不規則な食生活、運動不足、喫煙、飲酒など、
生活習慣が肌荒れを齎す可能性があります。

身体が老化しているのに肌だけエイジングというのは矛盾しています。

美肌は体の中と外両方からのケアで実現するのです。

過度の飲酒や夜更かしはできる限り避け、規則正しい生活を送るよう心掛けたいですね。あわせて読むとおすすめなサイト⇒二重