美肌を作るためにするべきこと

美肌になるために、日ごろから何を心掛ければ良いのでしょうか。

毎日の事だけに、面倒になり投げ出してしまう確率が最も高いのがスキンケアです。

スキンケアは義務ではありませんが、毎日続けることで美肌が保たれ、老化を遅らせることができるのです。

■美肌とは何か

美肌というのはどのような状態の事を言うのでしょうか。

肌触りがしっとりとして、ハリと透明感のある肌は誰もが美肌だと認めるでしょう。

肌が粉を吹いたみたいに乾燥していたり、たるんでいたり、毛穴が目立ったりしては、メイクの乗りも悪く、
美肌とは対極にあると言っても過言ではありません。

実は美肌への近道は、徹底した保湿のです。

乾燥こそが肌の劣化の原因で、皮膚の深い階層を守るためにも、肌理を整える必要があります。

■紫外線から守る

いかに美容液や化粧水など、化粧品でスキンケアをしても、紫外線に常にさらされているようでは、
肌の劣化を早めてしまいます。

美肌を守るための鉄則として、紫外線を皮膚の奥まで侵入させてはいけないということです。

紫外線は私たちを作る遺伝子すら破壊する力があるのです。

紫外線カットのコスメは数多くありますが、ラピエルはバラの水が紫外線カットに有効です。

実は紫外線には免疫力を低下させる、健康に甚大な被害を齎す可能性があります。

美容液は肌を美しく保つだけでなく、健康を守る役割を担うこともあるのです。

■過度の洗顔は要注意

毛穴の黒ずみが目立つという理由で、徹底的に洗顔をしたくなるのは理解できます。

でも、実際は肌の乾燥を助長し、毛穴の黒ずみを目立たせる結果となる場合があります。

洗顔の後、開いた毛穴にはたっびり栄養と水分を補給し、クリームで蓋をしてあげます。

洗顔後に収れん化粧水を使うのはニキビケアとしては逆効果となるのでお勧めできません。

■規則正しい生活を

美肌を作る作業を、美容液など化粧品に任せきりにしてはいけません。

美肌の敵といわれているのが睡眠不足と不規則な食生活、運動不足、喫煙、飲酒など、
生活習慣が肌荒れを齎す可能性があります。

身体が老化しているのに肌だけエイジングというのは矛盾しています。

美肌は体の中と外両方からのケアで実現するのです。

過度の飲酒や夜更かしはできる限り避け、規則正しい生活を送るよう心掛けたいですね。あわせて読むとおすすめなサイト⇒二重

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です